2009年11月02日

コミュニケーション

先日、月に一度のごんちゃんの定期健診&アニマルコミュニケーションに行って来ました





komyu.JPG
せんせい~げんきだった~ハートたち(複数ハート)





ごんちゃんとは、ごんちゃんが4年前に病気をしてからずっと毎月一度
お話をしに行っていますぴかぴか(新しい)



komyuni3.JPG
鳴き声ともいえないなんとも言えない声でく~んく~んと
お話しているようです





私と2人きりの生活でしたが、ある日急にむむちゃんがやってきて自分を
犬だと思っていないごんちゃんは、どうしても仲良くできずストレス性の
咳が止まらなくなってしまったりごはんを食べなくなってしまったりして、むむちゃんとの生活に慣れるまで1年近くかかりました。。。




そして、ようやく慣れてきたころにはごんちゃんが7才むむちゃん3才になり
いつかは欲しいかな・・と思っていたごんちゃんとむむちゃんの間の子供の事を考えなければいけない時期になっていて、
自然に試みましたが無理で、お願いして今の子供たちが授かりましたが




今度はいきなり5匹の子供たちが加わり、ごんちゃんにとってはみんな苦手で
ゆっくり休むこともできなくなってしまい、そんな事がたぶん原因で

ある日・・・突然の嘔吐で、時々あるのでいつもの事かなと様子を見ようと
思っていましたが何かが違うような気が差して、すぐに病院に行くと
検査をしたら肝機能の数値が、計測不能なほど振り切っていて
すでに黄疸もひどくなっていて、すぐに入院に・・・




2週間の入院中、毎日病院に行きましたが一緒に帰りたがるといけないので
ごんちゃんにはわからないようにそーっと病室のガラス越しにごんちゃんを
見て帰って・・・・
とにかく早くごんちゃんを抱きしめたくて長い長い2週間でした





原因はたぶん子供たちが慣れなくていやで、いつも怒っていたのでそのストレスが肝臓にいってしまったのと思います
肝臓は、怒りをためてしまう臓器なのでいつも怒っていると人間でも
悪くしてしまいます爆弾




自分の気持ちだけで、よかれと思ってごんちゃんにむむちゃんを迎え
子供達も増えて、でもごんちゃんは本当はつらかったのだからこのときは
本当に後悔しましたが、あのときの事があったから今本当に幸せになれたのと
心から思っています。。。揺れるハート



それもごんちゃんは、このとき以来コミュニケーションに行ってお話をしだしてからそれまでとは180度違うというほど本来の性格に
なることが出来て、押さえていた事も言える様に出せるようになって
みるみる変わっていきましたぴかぴか(新しい)
病気をきっかけに全て変われて、本当に生まれ変わったという感じにるんるん




こうして月1度のコミュニケーターさんとお話することで、不満や希望など
聞いてあげています。。。ひらめき





komyu3.JPG
ひと通りお話したらおやつタイム
先生:ごんちゃん一番好きなのはど~れ?





komyu4.JPG




一番最初に、コミュニケーターのりえこ先生に会ったとき、びっくりし目たのが
初対面の人に、わりと人見知りをするごんちゃんが少ししてりえこ先生が
話かけるとあれっexclamation&questionもうべろべろりえこ先生の顔をなめて、ほんとに嬉しそうに
はしゃぎだしてダッシュ(走り出すさま)




その日から、何かがはじけたように明るくなりましたグッド(上向き矢印)るんるん




ごんちゃんグッド(上向き矢印)今日はこれだけではなくて
ちょっと採血がありますよ~もうちょっとがんばって~




komyuni.JPG



がんばったごんちゃんはまた次回眠い(睡眠)




ニックネーム ごんママ at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 体の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする